泉鏡花って通販で買えるの知ってます?

            

高野聖 (新潮カセットブック I- 6-1)

価格:401円 新品の出品: 中古品の出品:399円
コレクター商品の出品:3,360円
カスタマーレビュー
飛騨から信州へ抜ける街道が突然一面の水に没していた。旅の僧は、杣道を行くという富山の薬売りを追って山道を登り、一軒の家にたどりつく。金沢の伝説に取材した幻想譚。(ご注意:本書はインターネット上の図書館「青空文庫」を基に制作・印刷・製本した書籍です。青空文庫ではボランティアの方々により、原稿の入力、校正が行われています。本書の製作にあたっては、内容の改修や編集をせずそのままの形で書籍化しています。また本書は読者のアクセシビリティを考慮し、ポケット版(9pt)、シニア版(10.5pt)、大活字版(22pt)の3種類の文字サイズで販売されています。お好みでお選びください) --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。
高野聖 (現代語訳名作シリーズ)

価格:1,512円 新品の出品:1,512円 中古品の出品:430円
コレクター商品の出品:3,226円
カスタマーレビュー
旅する修行僧は、飛騨の奥深い森をぬけ、一軒家に辿り着いた。そこで出会った艶かしい婦人の、不思議な魅力に惹かれていく。泉鏡花の代表作「高野聖」と、初期作品「黒壁」を収録。いずれも幻想的な怪奇譚。
高野聖

価格:578円 新品の出品:578円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:101円
カスタマーレビュー
泉鏡花による作品。
天守物語 (Pan-Exotica)

価格:3,780円 新品の出品:3,780円 中古品の出品:2,800円
コレクター商品の出品:2,280円
カスタマーレビュー
鏡花戯曲の代表作『天守物語』を日本語・英訳収録。それぞれの挿絵を山本タカト、宇野亞喜良がイマジネーションを駆使して競演。
文豪春秋 百花繚乱の文豪秘話

価格:1,512円 新品の出品:1,512円 中古品の出品:1,247円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
文豪たちの友情、苦悩や孤独、はたまたスキャンダラスな恋の行方まで。人間味あふれる文豪たちの素顔を解き明かす。 ◎有名文豪28人を、作風や生き様から擬人化 ◎34点の漫画と共に出来事をわかりやすく解説 ◎年表や相関図などから、親しい人間関係や交流がバッチり見えてくる!! 借金重ね、また借金 妻がいるのに浮気三昧 文学に悩み、死に憂い 享楽に溺れて、放蕩生活 その生きざまが愛らしい 借金の形に友を捨て置き悠々と将棋指す!! 太宰治 奔放な『猫』wp盲愛! 谷崎潤一郎 借金まみれで女遊び 究極の放蕩男 石川啄木 兄の心、弟知らず? 不仲の行方 徳富蘆花 歪な愛の求道者 川端康成 イケメン教師は天然の女ったらし! 中島敦……etc 漫画&イラスト満載 文豪の逸話を追う!
野蛮な読書

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:800円
カスタマーレビュー
これも、健啖。読書の快楽を味わい尽くす!ドゥマゴ文学賞受賞から5年、食と生活のエッセイストとして活躍する著者が、読書の魔力をがぶり味わい尽くした名随筆。獅子文六、池部良、沢村貞子…昭和から平成へ全103冊の芳醇をご賞味あれ。
草迷宮 (岩波文庫)

価格:540円 新品の出品:540円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
泉鏡花による作品。 --このテキストは、オンデマンド (ペーパーバック)版に関連付けられています。
草迷宮 (パン・エキゾチカ)

価格:3,564円 新品の出品:3,564円 中古品の出品:2,950円
コレクター商品の出品:7,980円
カスタマーレビュー
山本タカトが、敬愛する鏡花の代表作『草迷宮』の幻想世界に挑む。鏑木清方、鰭崎英朋、小村雪岱ら名挿絵師の系譜に連なる平成鏡花本の極微! 全編描き下ろし!
草迷宮

価格:927円 新品の出品:927円 中古品の出品:2,041円
コレクター商品の出品:4,800円
カスタマーレビュー
泉鏡花による作品。
草迷宮 (NDL所蔵古書POD)

価格:2,268円 新品の出品:2,268円 中古品の出品:3,980円
コレクター商品の出品:978円
カスタマーレビュー
「ここはどこの細道じゃ、細道じゃ。秋谷邸の細道じゃ、細道じゃ。少し通して下さんせ、下さんせ。誰方が見えても通しません、通しません」 幼い時に聞いた手毬歌に導かれ秋谷邸にたどり着いた葉越明。邸はかつて5人もの死者を出し、人々はその祟りを恐れていたが、葉越はそのまま秋谷邸に住みつく。ある日、旅の法師が秋谷邸の回向を依頼され、邸を訪れるのだが……。幼き日に忽然と消えてしまった幼馴染の面影を求める男と、もはやこの世の者ではない女が織りなす切なく美しい物語。 本書は、1908年(明治41)1月に春陽堂から出版された初版本のpod。 幼い時に聞いた手毬歌に導かれ秋谷邸にたどり着いた葉越明。邸はかつて5人もの死者を出し、人々はその祟りを恐れていたが、葉越はそのまま秋谷邸に住みつく。ある日、旅の法師が秋谷邸の回向を依頼され、邸を訪れるのだが……。幼き日に忽然と消えてしまった幼馴染の面影を求める男と、もはや